貧乏ゆすりをやると出世できない

人にはなくて七癖といわれるほどいろいろな癖がありますが、貧乏ゆすりもそのひとつです。
名前からしていいイメージのないこの癖ですが、昔物乞いをする人は栄養不足などが原因で手足を細かく震わせていることが多く、それを連想させたことからこのような名称となったようです。
貧乏ゆすりをすると出世しないといいますが、貧乏ゆすりをしているような人は落ち着きがないので仕事が上手くはかどらない現実もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です