投稿者: くるる

セフレレストランは膨大なエロ情報が詰まったセフレ攻略のために絶対に欠かせないサイト

Published / by くるる / コメントをどうぞ

人間の三大欲求の一つ、性欲。

性欲があるからこそ、日々目的をもって動けるのであり、これがなくては現代社会、ひいては人類そのものが存続することはありません。

爆発的な性欲を背景に、ここまで人類が発展してきたともいえるでしょう。

そんな性欲ですが、若い世代、特に男性は持て余しているのではないでしょうか。

何をしなくても高まってくる性欲を、いかにして発散するのか。

現代人にとって大きなテーマであります。

恋人で性欲が発散できているのか

恋人がいる人が、うまく性欲を発散できているかと言われれば決してそうではありません。

性行為に関する趣味嗜好は人それぞれ違っているからです。

基本的に、付き合う条件に性行為の趣味嗜好が合うかどうかは、含まれていないことが多いんですよね。

性格が合うとか、容姿が好みとか、はたまたお金を持っているとか、そういう、わかりやすい部分でしか判断できないからです。

もちろん、先に体の関係があって、そこから恋人に発展するケースもあるでしょうが、その場合は、ここで述べるセフレに該当するわけで、彼ら、彼女らのようにセフレを探すことの重要性が、ここからも伝わってきますよね。

セフレ探しに欠かせないツール

さて、セフレを探すとなったら、まず何から手を付ければいいのか、その第一歩に悩む人も多いことでしょう。

実生活でどんなにモテる人でも、セフレを探そうと思えば、それなりに苦戦するはずです。

そこで登場するのが、セフレレストランです。

セフレレストランでは、セフレに関する有意義な情報がふんだんに発信されています。

その中身は非常にリアルで、有益なものばかり。

出会い系サイトの特徴、地域別の体験談、攻略法、などなど、多角的な観点から構成されています。

また、サイト内ではより分かりやすく理解できるよう、動画も用意されていて、セフレ探し初心者にとっては、非常にありがたい作りになっています。

霧の中を進むかのようだった、セフレ探しが、少しずつ進展していくはずです。

雲散霧消とはまさにこのことで、次第に展望が見えてくることでしょう。

セフレレストランは、セフレを探すための優れたツールであり、初心者から上級者まで幅広い人たちに対応しています。

初心者の方は、まずはここでセフレ探しに関するきっかけを。

そして上級者の方は、さらなる効率化を。

セフレができると、性欲をうまく発散できるようになり、ひいては現代社会をうまく生き抜いていけるようになります。

人生が好転する、大きなヒントが得られるサイトだともいえるでしょう。

◎ヤリたい欲求や性癖を解放できるのはコチラセフレレストランのセックスフレンド出会えるサイト 

家中で傘をさしてはいけない

Published / by くるる / コメントをどうぞ

子供の頃、遠足の前日などに明日は雨が降らないようにとてるてる坊主を軒先などに吊るした経験を持つ人も多いかと思います。
てるてる坊主は、昔の中国で箒を持った娘の人形である「掃晴娘」という紙でできた人形を吊るして晴れを祈ったという風習が起源とされています。
日本に伝わった際に人形は娘から法師または坊主となったのですが、その理由としてその頃の日本では僧侶が天気を司る能力があるとされていたこと、日知りと僧を意味する「聖」との語呂合わせが考えられます。
また、子どものころに家の中で傘をさして親から起こられた経験を持つ人もいるのではないでしょうか。
今でこそ傘は使い捨てのような扱いを受けていますが、江戸時代の傘は米一升と同じくらいの価値のあるものでした。
時代劇でよく浪人が傘張りをしながら糊口をしのいでいますが、傘が高級であったからこそ生活をするほど稼ぐことができたのです。
そんな高価な傘を意味もなく家の中でさすのは物を大事にしないこと、そのような心掛けでは運が逃げるとされたからなのです。

動物にも神が宿るのは本当なのか??

Published / by くるる / コメントをどうぞ

迷信や言い伝えにも、多くの動物が登場しています。
例えば、夜に笛を吹くと蛇が出てくるといいます。
笛を吹いて蛇を操る芸が海外で見られますが、蛇は本来音に敏感な生き物なのです。
本当に蛇が笛の音につられて出てくるかどうかの真偽の程は別として、この迷信の原因にはいくつかの考え方があります。
静かな夜に笛を吹くと近所に迷惑をかかるからという考え方がひとつ、また昔人身売買をしていた人がその売人を呼ぶのに夜に人目をはばかって笛を吹いていたからという説などがあります。
いずれにせよ夜に笛を吹くのは良くないということから、恐ろしい蛇を関連させて戒めたと思われます。
また、蜘蛛は一般的にあまりいいイメージを持たれておらず、見るのもイヤという人も少なくないようです。
そんな蜘蛛ですが、迷信では見る時間によって吉凶が正反対となります。
朝に蜘蛛を見つけると良い来客がある、思わぬお金が手に入る、その日は天気が良くなるので絶対に殺してはいけないといわれます。
けれども夜に蜘蛛を見ると凶兆の証なの、すぐに追い出さなければならないとされます。
夜の蜘蛛は泥棒を連想させるからというのが理由のようです。

たくあんの語呂合わせの真実

Published / by くるる / コメントをどうぞ

飲食店などで食事をしてる際に、漬けあわせにたくあんが出されていたとき、たいていは二切れだと思います。
この理由は、語呂合わせです。
一切れだと「人切れ」、三切れだと「身切れ」に繋がり縁起が良くないからなのです。
さらに四切れは「4」が「死」と読めることから、二切れが選ばれているのです。
こういった習慣は、江戸時代の頃から続いているようです。
女の人の中には、母親から雛人形はひな祭りが終わるとすぐにしまわないと結婚が遅れるといわれたことはありませんか。
ひな祭りは、人の代わりに人形を川に流して体の穢れを清めるという中国の風習が伝わったのが始まりです。
元々は質素な人形だったのですが、江戸時代になって親の子どもを思う心からか次第に豪華な人形となっていったため川に流すことはなくなりました。
そんな豪華な人形を大切にするために、長く出しっぱなしにすることを戒めてこのような言い伝えができたと考えられています。

死者がお腹が空いてはいけない

Published / by くるる / コメントをどうぞ

ご飯に箸を立ててはいけないという戒めがあります。
これは、昔の風習の「枕飯」から生まれたものです。
人が死ぬとその枕もとに洗わない米でご飯を一杯分だけ炊いて飯碗に山盛りに盛り、その真ん中に箸を刺して立てる慣わしがあります。
あの世に行く途中で死者がお腹が空いてはいけない、箸はご飯がいつでも食べられるように、という残された家族の心遣いが「枕飯」なのです。
ご飯に箸を立てるのは枕飯をイメージさせて縁起が良くないからというのが理由なのです。

それは信仰心から生まれた

Published / by くるる / コメントをどうぞ

外国人に比べて、日本人は迷信や縁起を気にするといわれます。
これは信仰心の違いも大きな影響を与えていると考えられます。
外国では宗教というとキリスト教ではイエス・キリストを、イスラム教ではアッラーをといったように、特定の信仰対象を持っています。
しかし日本では八百万の神(やおよろずのかみ)という言葉に象徴されるように、この世に存在するものすべてに神様が宿っているという考え方なのです。
古くから、山の神や田んぼの神、台所の神、他にも以前流行ったトイレの神様、つまり厠の神など、ありとあらゆる場所に神様は存在していることから、外国とは異なるいろいろな迷信や縁起が発達してきたのでしょう。

トイレを掃除すると神様が喜んでくれる

Published / by くるる / コメントをどうぞ

「トイレをきれいにすると美人が生まれる」という言い伝えもあります。
以前「トイレの神様」という歌がヒットしましたが、昔からトイレ(昔は厠と呼んでいた)には厠神といわれる家を守る神様が宿っているとされていました。
厠神は出産を司る神様でもあったので、妊婦がその神様のいる場所であるトイレをきれいに掃除すると神様が喜んで、かわいい美人な子どもを授けてくれると考えたのです。
こういった迷信の一方で、妊婦も適度な運動が必要、それならトイレ掃除くらいが最適であるという現実的な考え方もあります。

米を大切にしない行為を戒めるために誕生した

Published / by くるる / コメントをどうぞ

「お米をこぼすと目が見えなくなる」という言い伝えがあります。
お米と目には何の因果関係もありませんし、ましてやそれをこぼしたら目が見えなくなるというのはまったくおかしな話です。
けれども。これには昔の人のお米を大切にする心が備わっているのです。
現在でもお米の収穫量は天候に大きく左右されますが、技術や科学が未熟な昔はなおさらそうでした。
天候が悪く稲が上手く育たなければお米が採れず、貧しい農民などはお米を作るだけ作って自分たちは食べることができずに飢えで苦しんでいたこともしばしばでした。
また米には神様が宿るという考えもあり、非常に貴重な食べ物だったのです。
そんな米を大切にしない行為を戒めるために、この言い伝えができたと考えられます。

餓鬼が集まりおねしょをしてしまう

Published / by くるる / コメントをどうぞ

茶碗を叩くと餓鬼が集まるという言い伝えがあります。
餓鬼とは、いつも飢えと乾きに苛まれている仏教における鬼のひとつで、もともとは生前に悪事を働いて餓鬼道にに落ちた人間の姿なのです。
しばしば人間界に出没しては人間に取り憑いてその家の食料を食べ尽くすといわれ、人々に恐れられていたものでした。
子どもはお腹が減って食事が待ちきれなくなると、冗談半分茶碗を叩いて急かすことがあります。
これは今も昔も行儀の悪いのは同じですから、茶碗を叩くと餓鬼がやってくると子どもを怖がらせることでしつけを正す意味があったのです。
火遊びをするとおねしょをすると言い伝えもあります。
火遊びは、火事の原因になったり火傷をしたりする恐れがあります。
そんなトラブルや事故が起こる前に、何とか子どもに火遊びをさせまいと考えたのがこの言い伝えです。
おねしょをするのは子どもにとって非常に恥ずかしいこと、火遊びをするとそんな恥ずかしい思いをするぞと戒めるためにこの言い伝えが作られたのです。
このように昔の言い伝えや迷信というのは、大人が子どもに行儀や作法、社会のルールを教えるためのものでもあったのです。

悪霊のはびこる時間に爪を切るな!

Published / by くるる / コメントをどうぞ

夜に爪を切ると親の死に目にあえないという言い伝えがあります。
そもそも昔の日本には近しい人が亡くなったときに自分の髪の毛や爪を一緒に埋葬する風習がありました。
このことから、爪を切るという行為そのものが縁起の悪いものだとされていたのです。
さらに夜は悪霊のはびこる時間であるということもあり、夜に爪を切ってはいけないとされたようです。
また昔は電気もなくろうそくや行灯の薄暗い灯りで爪を切ると指を傷つける恐れがあることから、それを戒めるためにこういった言い伝えができたのです。